サーモテック
コンテンツ HOME 環境改善装置ケスマック 解凍庫・設計施工 会社概要
解凍庫・設計施工
解凍庫の概要
近年、食品加工で冷凍技術なくしては成り立ちません。(凍結原料、冷凍食品)冷凍食品は、溶かさなければ使用できません。
冷凍食品は、冷凍庫より出しておけばいつかは解けます。
それでは、食品の品質が成り行きです、表面は解けて、中心はまだ溶けていない様な状態になります。
また、解け過ぎてドリップが多量に出て商品の価値を下げます。
解凍装置は、冷凍品の品質を最適な状態で使用するために必要な設備で、冷凍食品にあった冷凍温度、解凍時間を最適に制御(管理)できるようにするものです。
解凍庫  
弊社の解凍方式
弊社の解凍設備は、各方面での納入実績があり、安心してご使用いただける設備です。
基本コンセプトは、空気解凍での個別解凍方式です。

各種ある解凍方式の中より、弊社は空気解凍方式を使用するのは、シンプルであり、商品トラブルが少なく、温度コントロール等の制御も簡単と考えています。
解凍後は、冷凍保管庫としてそのまま使用するため、急いで冷蔵庫に移動する必要がありません。

個別の小部屋に区分して、原料の種類に分けて解凍を行います。
解凍品の種類、大きさ、厚み等は、解凍の大きな要素です。

1番重要なことは、空気温度、空気分布の管理、解凍経過を重視することです。

解凍台車
納入実績
a.凍結原料肉の解凍:外食チェーン、冷凍食品工場

b.加工食品工場での原料解凍:冷凍食品工場

c.弁当工場での原料解凍:コンビニ弁当工場

タッチパネル式操作盤